スポンサーサイト

2017.01.13 Friday

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    小泉純一郎圧勝に関して

    2005.09.12 Monday

    0

      スーツは似合わない

      「圧勝」とはずいぶん景気のいい言葉で、昨日は久々にその単語をたくさん耳にした。「圧勝」で思い出すことと言えば、『稲中卓球部』で、「圧勝」の気分を味わいたい前野や井沢達が、小学生にも負けて、幼稚園児相手にようやく「圧勝」するエピソードを思い出す(確か井沢は勝てなかった)。

      願わくば僕も「圧勝」気分を味わいたかったのだが、比例は民主党、小選挙区は菅直人に票を投じたので、どちらかと言えば「惨敗」気分ではある。もちろん、特に何の思い入れがあるわけでもないのではあるけど。

      菅直人危なかった。彼はとりあえず圧勝だと思ってたのだ。しかし、対抗馬の自民党の土屋正忠は、よくよく考えたら武蔵野市長だった人物だ。というか、選挙が終わってから思い出した。市役所で何か書類貰ってくれば、必ず土屋正忠の署名があった。どこかで名前は聞いたことあるな〜とは思ってたのだけど。
      ということは、今の武蔵野市長って誰だ?いつ変わってたんだろう?

      武蔵野市は税金が少々高いが、行政のサービスは良いし、治安も良いし、本当に住みやすい。そういう所の市長をやっていたというのは強いに決まってる。菅直人危なかったなあ。でも、土屋氏も結局比例区で当選したので、東京18区で落選したのは、共産党候補一人だけであり、僕の一票は特に意味の無い一票だったとも言える。

      「圧勝」に話を戻すと、自民党に票を投じる人が多かったということから、一夜明けた今日はさぞ「圧勝」気分を満喫している人が多いはずなのだ。新宿の街を歩いていても、多分ここを歩いている大半の人々は小泉純一郎が大好きな自民党支持者なわけだ。右を見ても、小泉。左を見ても小泉。ドトールに入っても小泉。中央線に乗っても小泉。便器のふたを開ければ山崎拓。と言ったように完全に自民党に包囲されている状態なわけだ。

      いたるところで、価値観の多様化、みたいなことが言われ続けていた昨今で、こんなに皆が同じ方向に向かったことは珍しいことのように思ったし、正直ちょっと怖い。「巨人、大鵬、卵焼き」という言葉があったが、まさにそれで、フタを空けて見れば、皆ジャイアンツファンで、好きな芸能人はキムタクと浜崎あゆみ、好感度No1のタレントは久本雅美。音楽はB'z。みたいな感じで、落ち目だなんだとやんややんや言い続けながらも、内心は応援していたということだ。

      僕は別に熱烈な民主党支持者というわけでも何でも無い。多分民主党が政権を取ってもさほど変わりは無いだろうけど、一度政権を取ってもらうのも面白いだろうし、自民党は嫌だ、くらいの消極的な気持ちである。でもこれこそが民主党の敗因であって、僕と同じように民主党に票を投じた人間は皆一様にそのくらいの消極的な気持ちでしかなかったのだろうなあと予想する。結局、その程度までしか有権者をひきつけられなかった時点で民主党は勝てなかったのだ。

      投票率は67.51%と過去最高とのことだが、世代別の投票率はどのようになっていたのか非常に気になる(そういうのは毎回出ているのだろうか?)。今回若年層の関心が高いとのことではあった。そして、東京などでは特に若い世代が自民党支持に回ったとの報道もある。だが、本当にそうだったのだろうか?

      本当は高齢者層の投票率の伸び率がかなり高かったのではなかろうか。民主党で一体何が変わるのかわからない。その一方で、小泉政権であればどうなるかはわからないけど、早い段階で何かが変わる気がする。そういった構図の中で、言い方は悪いが老い先短い老人達の断末魔の叫びが今回の「圧勝」を呼んだのかも知れないと思う。小泉政権が続くことで、彼が任期を終えたあとも10年くらいはどうにかなるかも知れない。しかし、その先はどうなるかわからない。それどころか、外交問題等に取り返しのつかないような禍根を残す可能性は民主党政権よりも高いとも感じられる。

      小泉首相の上手かったところは、老い先短い高齢者と、僕のようなまだ社会経験の浅い若年層に、食べた事は無いので、味は想像も着かないけど、とにかく見栄えの良いおいしそうな料理を目の前に提供したことだ。もしかしたら、それは化学調味料をふんだんに使い、着色料で色を付けたものかも知れない。良く考えたら自民党は既に創価学会という一度食べたら病み付きになる化学調味料を使用してしまった。
      民主党は、表面的には化学調味料を使うべきかどうかすら党内でまとめることができない一方で、労組という化学調味料に頼らざるを得ないという矛盾が最後まで解決できなかった。

      小泉首相になってから、とにかく「わかりやすさ」が政治に求められるようになった。しかし、そんなに「わかりやすさ」だけを求めてよいのだろうか。もはや政治はそんなにわかりやすくまとめられる代物では無いはずだからだ。今回の選挙で、「わかりやすさ」だけを強調して、一番わかりづらい外交に関して、自民党は完全に口を閉ざしていたことは一番気になる点だ。

      ゴダールの映画に「わかりやすさ」は無いかも知れない。何を意味するのかわからないような膨大な引用があったり、画面を観ていても誰が話しているのかもわからなかったり、眠くなったり、そもそもつまらなかったり・・・。でも、彼の映画はそれでも、観る者に「わかりたい」という気持ちを喚起させるような強烈な魅力がある。だからこそ、彼に関する文献を読みあさったり、発言に注目したりと、一人一人が彼の生み出す作品を自分なりに単純化しようと試みる。

      政治と芸術を同じように論ずることが正しいかどうかは別として、政治家やマスコミが、問題を勝手に単純化してしまう事に疑問を感じる。日本の抱える様々な問題を混沌としたまま提示し、有権者がそれぞれの観点で単純化を試みた上で一票を投じるというのが理想の選挙だと思うのだ。

      小泉圧勝に関して少し気持ち悪いものを感じたのは事実だけど、今回の小選挙区という制度はこういう極端な結果になりやすいということをさっき理解した。票数だけで言えば決して自民党が圧勝だったわけでは無く、票数自体は民主党の1.3倍を奪ったに過ぎないということが報道されていた。そう考えると、あっさり民主党に政権が移る事だって充分にあり得るのでそういう意味ではこれからの選挙は面白くなりそうだとも思った。

      とりあえず民主党にしてみたら?という考えは甘いと痛感した。地方の経済状態は相当ひどいのだろうということが良くわかった。僕自身は正直、不景気で生活が苦しいということも無いし、僕の家族だったり身近な友人達にも、政治のせいで生活が苦しくて首をくくらなければならないなどという人も特に見受けられない。とりあえず民主党に入れてみようかと思うような人には、切迫感がそこまで無い人は多いのだろう。だから、投票もその日の気分次第になる(僕だって行こうと思った時に雨でも降られたら行ってなかったかも知れない)。

      だから、僕が長々と偉そうに国政を論じた所で全く説得力は無いし、その説得力の無さは、民主党の説得力の無さにリンクしている。

      新党大地が40万票以上も獲得して、鈴木宗男は国政に復帰した。最初北海道人の倫理観はどうなっているのかと思ったのだけど、報道で鈴木宗男の演説する姿などを観ると確かに納得がいった。宗男はやはり凄い。演説の明解さ。マスコミ対応の上手さ。娘との親子愛の見せ方。北海道民への愛情表現の仕方。政治家としての手腕は超一級だった。全野党を通じて最も政治家としての凄みを見せたのは宗男だったのかも知れない。
      というか、自分が北海道で自営業でも営んで生活が苦しくなっていたとしたら、新党大地に票を投じてしまったかも知れないなあ。
      同じ意味で亀井静香もやはり凄い。
      宗男はもしかしたら、ハゲ頭すら自然のハゲでは無くて、あえてハゲにする事で親しみを得るためにしているだけなのかもしれない。彼がイケメンだったら、逮捕された時点で反感を買って、二度と表舞台に出ることは無かったかも知れない。ああいうアホの坂田みたいな顔だからこそ宗男はムネオであり続ける。でも、あのハゲが自ら進んでしたものだったら、望まずハゲてしまった松山千春は裏切られたって激怒するんだろうな〜。

      最後に今回の選挙で、一番気になった人物は、自民党幹事長の武部勤だった。
      彼は幹事長に抜擢された当初、「無能」「愚鈍」といった言葉がぴったりのようなイメージだった。ところが、首相が強権を発動してから、いや、その前のクールビズあたりからどうも様子が変わったように見える。多分、彼のスーツにネクタイ姿というのは本当にショボかったのだ。
      選挙が決まってから、まるで水を得た魚のように、態度を強めた。トップが強大な権力を手にしたとき、一番怖いのはこういう腰巾着的な立場にいる人物だ。強いのはトップであるのに、その下にいる自分も強いのだと増長してしまいやすい。ジャイアンに対するスネオのようなものか。幾多の物語でも、コバンザメのようなナンバー2が余計なことをしすぎて状況を混乱させるというのは良くある話だ。


      ストリート系

      もひとつ最後に、酔っぱらって路上で女性の胸を触って、逮捕された元民主党の中西一善(モットーは「一日一善」)はひっそりと落選していた。よく立候補したなあこの人。飲み屋でお姉ちゃんに絡んだとかならまだわかるけど、路上はさすがにいけません。ストリート系ですな。ストリート系ではさすがに当選は無理だと思う。

      スポンサーサイト

      2017.01.13 Friday

      0
        コメント
        コメントする
        トラックバック
        ハゲてしまっても、それで人生終わり、ではありません。プロピアが、チカラになります!!
        • カツラでも増毛でもない新技術
        • 2006/10/10 4:36 PM
        この記事のトラックバックURL